ツイキャスにてしゃがぁ放送局を開局しました!

ツイキャス(https://twitcasting.tv/)を利用した放送です。

放送は「遊牧民の部屋」「VGT バーチャルギャラリートーク」「遊牧文化講座」などが不定期に流れます。

「遊牧民の部屋」

なんとなくテーマを決めて、それについて思うがままに、理事長西村が話しまくるという基本的にトーク番組です。
西村の今にいたるまでの様々な見聞をだらだらと話します。時々、ゲストなどを迎えてお送りすることもあります。
また放送中には質問コーナーなどももうけ、視聴者のみなさんからのコメントにお答えしたりのいきあたりばったり番組です。
時々無料放送も行いますが、基本的に有料放送です。
通常放送:一回500円
特別番組:1000~1500円
(番組は放送後14日間の間、公開されますので、リアルタイムで聞けなくても視聴いただけます)

「バーチャルギャラリートーク」

写真展を会場で行ったときに、ときどきギャラリートークなどをやったりします。それをツイキャスでやってみようという番組です。
いままでの各種写真展の内容ごとにまとめて、写真をご覧いただきながら、つれづれにお話しします。
視聴料金:1000円

「遊牧文化講座」

去年より精力的に開催してきました文化講座をツイキャスでも配信することにしました。
なお、ツイキャス講座は音声のみでの提供になります。
受講料:2000円

視聴はパソコンではブラウザーから、スマホなどでは専用アプリ(無料)をインストールすれば視聴いただけます。
また、アカウントは無料で取得できます。TwitterやFacebookアカウントをお持ちでしたら、それらアカウントでもログインできます。

放送予定は活動カレンダー(https://www.shagaa.com/cal/cal-2)に掲載されますのでそちらをご覧ください。

なお、ツイキャスのNPOしゃがぁ放送局は⇨ https://twitcasting.tv/f:2957078334349415 ⇦です。西村幹也の名前で登録になっています。
また、有料放送の一覧は
https://twitcasting.tv/f:2957078334349415/shop です。

2020年1/11から「遊牧の民の調べコンサート」が始まります。(コンサート予定一覧はこちらから)

今回のコンサートではB.ボルド氏が初参加となります。

アルタイ山脈で遊牧生活をしながら、特に英雄叙事詩を謳えることで有名となり、モンゴル国が認める9人のトーリチ(英雄叙事詩謳い)の一人として認められる実力者です。

多くのモンゴル人が、「モンゴルの伝統文化を色濃く残す人々」と認めるウリヤンハイモンゴル人である彼はトブショール、イケル、ツォール、馬頭琴、ヤタガなど楽器の他、ホーミー、そしてトーリ(英雄叙事詩)に至っては長いもので丸二日間にわたってうたうものまでを記憶している人物です。

そんな彼のCDを作りました。彼のソロCDとしては世界初でしょうね。あ、思えば、しゃがぁで作るCDたちはみんなそれぞれの演奏者さんたちのソロCDとしてははじめてってなものばかりかもしれません。

彼の演奏はいわゆる舞台向けにアレンジされたものではありません。冬の寒さの一番厳しいときに、アルタイ山脈の尊き姿を歌い上げ、よろこばせ、その厳しい自然の状態がはやくゆるんで、すごしやすくなりますようにと、謳うアルタイハイラーは、遊牧民たちの願いを、遊牧しているその現場から、天に、自然に、アルタイ山脈に届けるために謳われるものです。

そんな演奏を集めたのがこのCDです。トーリはオリジナルを収録したら一曲ですらCDに収まらない長さがありますので、短くしてもらっています。短くするにも作法があるそうで、最初と最後に必ず言うべき文言を唱えたものとなっています。短くても、意味をなすものとして彼が納得できるものを収録しました。

とても貴重で珍しい演奏の数々が収録されたCDです。

2020年1月11日リリース予定です。予約受付もしております。

2500円(送料別)です。

お申し込みはこちらのフォームからどうぞ。

なお、大変申し訳ありませんが、リリース後、お手元にお届けするまで少々時間を頂戴しますことご了承ください。

bold cd final01

bold cd final02

 

オリジナルLINEスタンプを作りました。

撮りためてきた動物写真を元に製作しました。

クリエーターページはこちらです

いろいろありますので、一度是非、ごらんください。

line

写真集「遊牧世界の子どもたち - 遊んで、笑って、働いて、学んで-」

2019年12月10日リリース!

販売価格1800円(税込み、送料180円/冊:2冊以上はお問い合わせください。)

A5サイズ カラー 収録写真数35点

お申し込みはこちらから

===あとがきから===
 モンゴル、カザフ、トゥバの土地を訪れて、出会えた遊牧世界を写真展で毎年伝えてきた。
 ある日、会場で、「子どもしか写っていませんね。」とお客さんが仰った。
 なるほど、子どもばかりが写っている。
 その時、初めて気がついた。
 「子どもだけを被写体にしても遊牧世界や生活を伝えられるでは?」と。
 これが写真展「遊牧世界のこどもたち」を企画したきっかけだ。

 放牧、搾乳、家畜の世話、掃除、洗濯、薪割などなど…。
 小さい子、大きい子、それぞれに出来ることをやりながら、
 出来ることを徐々に増やしながら、一人前の遊牧民になる。
 目標、手本となる兄姉、父母が身近にいて、子どもは道に迷うことはない。
 「いつかは父さんみたいになるんだ」とある男の子は言った。
 この親父はよく笑う人だった。よく冗談を言う人だった。
 よく怒る人だった。よく泣く人だった。
 彼の子どもたちも、そんな大人になっていった。
 喜怒哀楽を素直に顕わに出来る世界はきっといい世界なのだと思う。
 特に子どもがよく笑う世界は、きっといい世界なんだと私は思う。
 そして、遊牧世界はたくさんの笑顔で溢れている。
 誰かを少しでも笑顔にしたいと願って、この写真集を上梓する。
     NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ
                     理事長 西村 幹也
                        2019年12月
====================================

1574951993840

去年秋からはじめました遊牧文化講座ですが、ありがたいことに、講演会、講座としての開講のご依頼、ご希望を各地でいただき、コンサートツアー中の講演会や2019年4月のモンゴル★ナイトなどで話をする機会をいただきました。

そんな流れの中で、可能であるなら、たとえ不定期だとしても、継続して講座開催を続けていくことにしました。

以下の講座が現時点で予定されています。


遊牧文化講座 6/25(火) 18:00~ 
 「モンゴル遊牧民と馬-友としてライバルとして-」
 [東京 月の砂漠]
 https://www.facebook.com/events/2008009552837725/

遊牧文化講座番外編 6/28(金) 19:30~
 「モンゴル遊牧音楽の原点を探る」
 [大阪 Marco Nostalgy]
 https://www.facebook.com/events/2386697868225733/

遊牧文化講座番外編 6/29(土) 13:00~
 「北アジア遊牧民の食文化」
 [大阪 Tinalente]
 https://www.facebook.com/events/373210006627801/

遊牧文化講座 10/24(木) 18:00~ 
 「北アジアの遊牧世界 - 彼ら目線でみる自然」
 [東京 月の砂漠]
 https://www.facebook.com/events/277174863218112/

遊牧文化講座 10/27(日) 13:30~ 
 「トナカイ飼育民の方位観と 世界観-水平の彼方にある故郷-」
 [大阪 Tinalente]
 https://www.facebook.com/events/1266154056872466/

遊牧文化講座番外編 10/27(日) 18:00~
 「カザフ人の音楽世界を彷徨う- 万華鏡のごとき変化の中で-」
 [大阪 Marco Nostalgy]
 https://www.facebook.com/events/2414135085476320/

------------------------------------------
★【会場】
【東京会場】
「月の砂漠」
www.tsukinosabaku.com
東京都豊島区上池袋2-15-15 2階「月の砂漠」

【大阪会場】
「Gallery&Cafe TinaLente」
https://tinalente.web.fc2.com/cafe.html
大阪府大阪市北区中崎西1丁目7−28

「Marco Nostalgy」
https://nodouta.wixsite.com/mysite
大阪府大阪市中央区内本町1-3-9 内本町中央ビル B1-2

★【会費】講座によって異なります。詳細ページを確認してください。

★【申し込み】
以下のいずれかの方法でお申し込みください。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までご連絡ください。
https://www.shagaa.com/lecture からお申し込みください。
③会場にお申し込みください

★懇親会
東京会場では講座のあと、懇親会が別途開かれます。【要予約:会費3000円】
----------------------
【 語り部紹介 】
西村 幹也

(NPO 法人北方アジア文化交流センターしゃがあ理事長)

モンゴル地域にて1991年より毎年フィールドワークをおこない、現地から得た情報をもとに情報誌の発行、コンサート等のイベント企画、博物館の運営等をおこなっている。

特にモンゴル国北部にてトナカイを飼って暮らすトゥバ人、モンゴル人を対象に長年フィールドワークを継続しておこない、現地の人々からは家族として受け入れられ、信頼も厚い。
これまでの活動が認められ、2012年にはモンゴル国より友好勲章を授与されている。

専門は、文化人類学、宗教人類学(シャーマニズム)


===================================

【開催希望ありましたら、お気軽にご相談ください。】
NPO法人しゃがぁでは、講座開催地を随時募集しています。講座の内容は多岐にわたります。
どれもおおよそ90~120分の講座になります。
以下は、一例です。

「文字にならない文学 口承文芸の世界」
「モンゴル遊牧民と馬-友として、ライバルとして-」
「北アジアの遊牧世界-彼ら目線で見る自然-」
「遊牧世界で学んだこと」
「タイガの森に暮らしてみて」
「永遠のあこがれ -遊牧世界をさまよう-」
「モンゴルのカザフ人」
「モンゴル遊牧民の音楽世界」
「モンゴル人の世界観と死生観」
「精霊とともに生きる人々 -北モンゴルのシャーマンたち-」
「モンゴル高原で出会う楽しい野生動物」
「北アジア遊牧民の食文化」
「遊牧世界の子どもたち」
「トナカイ飼育民の方位観と 世界観-水平の彼方にある故郷-」
「タイガのゴールドラッシュ-守るべきは何なのか?」
「遊牧世界の正義とはなにか?-徹底的な自己防衛-」

お気楽にお問い合わせください。