NPO法人しゃがぁは、前身「しゃがぁ編集室」の活動をすべて引き継ぎ、更に発展させるために2008年5月末に設立されました。
ここには、1994年に創立された「モンゴル情報紙しゃがぁ編集室」の過去の実績と、私、西村幹也の経歴、活動実績などをまとめてあります。
今、自分がこうしてモンゴルと関わっているのは、「1991年に初めて内モンゴルに行き、そこで生活したときに、世話になったモンゴル人の友人たちと付き会い続けたい」という思いが根本にあります。
大変な時期に、異邦人である私に無欲に捧げてくれた恩を忘れることは出来ません。恩返しというのもありますが、むしろ、単純に、「関わり続けていくこと」が、大切なのだと思いました。
人と人の関係が希薄になっていく今の日本社会に生きる自分が、人に厚いモンゴル人たちに、人に戻してもらえたと思っています。
そして、これをきっかけとした活動は、西村の活動であると同時に、それらを温かく見守ってくださり、ご支援くださった皆さんの歴史でもあります。
心からお礼申し上げると共に、今後とも、よろしくご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

NPO法人しゃがぁ 理事長 西村幹也


理事長 プロフィール
氏名 西村 幹也(1966年5月31日生まれ)
東京都生まれ、神奈川県相模原育ち。3人の子持ち。
内モンゴルへの留学、情報紙しゃがぁの発行を機に、モンゴル地域をうろつくにとどまらず、日本全国で様々に活動を展開。なかなか家にいられない日々を送る。
2006年より北海道京極町の羊蹄山の麓に居を構え、帯広大谷短期大学で職を得、比較的落ち着いた生活になり始めている。しかし、羊蹄山麓の居は2006年7月現在、建築が終わっておらず、下水道はもちろん、上水道も無い場所で、家族皆で奮闘する毎日を送っている。
「アナログな生活形態で、デジタルを使いこなす」を生活の基本としたいと思い、その方法を模索する。
自分が知り得た知識を出来る限り多くの人々に伝えていきたいと常日頃考え、しゃがぁの活動を行う。
一生をフィールドワーカーとして位置づけ、どのような場所でも、どんな時でも、アンテナを張り続けて行きたいと考えている。
「やりたいことは、やってしまえ」を信条に、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬ成りけり。」を座右の銘に、ひたすらに走り続けていきたいと思っている。
モンゴル馬鹿。

そして・・・
2008年6月からは、しゃがぁ編集室を改め、「NPO法人北方アジア文化交流センター・しゃがぁ」を設立、初代理事長となりました。
________________________________________
学歴・職歴
東京外国語大学モンゴル語科卒業
東京外国語大学地域文化研究科博士前期課程修了
総合研究大学院大学文化科学研究科比較文化学専攻博士後期課程満期退学
国立民族学博物館外来研究員 2002~2003年
大阪学院大学非常勤講師(文化人類学)2002年~2004年
帯広大谷短期大学専任講師 2006年~2009年
________________________________________
留学歴
1991年1月~7月
中華人民共和国内モンゴル自治区内蒙古師範大学
モンゴル語の習得及びシャマニズム関連文献収集を目的
1992年10月~1993年9月
モンゴル国国立民族大学
モンゴル語の習得及びシャマニズム関連文献収集を目的
1997年4月~1998年3月
モンゴル国国立外国語大学
トナカイ飼養民ツァータンの生活を研究対象としたフィールドワークを行う。
________________________________________
専門・研究内容
文化人類学・宗教人類学
モンゴル地域のシャマニズム
近現代におけるトナカイ飼養民ツァータンの生活変化 他


しゃがぁの活動
1994年4月
 しゃがぁ創刊
1994年11月
 東京外国語大学学園祭にてモンゴル物産展開催(東京)
1995年8月
 ツアー企画(以後毎年8月企画)
1995年11月
 東京外国語大学学園祭にてモンゴル物産展開催(東京)
1996年4月
 しゃがぁ祭り開催(相模原市)
 ホームページ モンゴル情報局「しゃがぁ」開設
1996年6月
 NGO「ピースウィンズジャパン」の依頼を受けてモンゴル草原火災調査
1996年9月
 同NGOの依頼を受けて援助物資分配活動
 兵庫県但東町町立「日本モンゴル民族博物館」展示品キャプション
1996年10月
 内モンゴル切り絵作家アマルバト氏の切り絵展(相模原市にて2回)
 但東町にて切り絵展(兵庫県)
 「’96 世界はひとつin滋賀」に出展参加(モンゴル民族文化展)(滋賀県国際友好親善協会主催)
1996年12月
 メーリングリスト「しゃがぁ」開設
1997年2月
 「ワンワードフェスタ北多摩」に出展参加(東京都東久留米)
1997年7月
 NGO「ピースウィンズジャパン」スタディツアー企画
1997年11月
 モンゴル展・コンサート開催(相模原市)
1998年5月
 「モンゴルの森の暮らし」写真展(相模原市)
 大ツァータン展(愛知県名古屋)出展(東海銀行・しゃがぁ編集室共催)
1998年7月
 「夢広場」に出展参加(東京都町田)
1998年8月
 「ワンワードフェスタ北多摩」に出展参加(東京都東久留米)
1998年10月
 「モンゴル祭り」にツァータン民具展示(ハーモニーセンター主催)
1998年11月
 「ラウンジフェスティバル」にてモンゴル民具を出展
(相模原国際交流ラウンジ・相模原市主催)
1998年12月
 福島県県立高校にてモンゴル展開催
1999年7月
 NGO団体「ピースウィンズジャパン」スタディーツアー企画
1999年8月
 「大阪国際交流センター」企画スタディツアー(モンゴル国に図書贈呈及び日本語図書室開設)コーディネート
1999年10月
 「ラウンジフェスティバル」にてモンゴル民具を出展(相模原国際交流ラウンジ・相模原市主催)
1999年11月
 那須高原「テンゲル祭」コーディネート
2000年7月
 NGO「ピースウィンズジャパン」有志スタディーツアーコーディネート
2000年8月
 大阪国際交流センター「スタディーツアー」コーディネート
2000年9月
 共生会企業研修「モンゴリアン ブラッシュ アップ セミナー」企画・講師・トレーナー
2000年10月
 「ラウンジフェスティバル」にてモンゴルゲル(移動式家屋)を設置・写真展開催
2000年10月
 「町田ボランティア祭」に出展参加
2000年11月
 那須高原「テンゲル祭」コーディネート
2001年4月
 「馬頭琴とのどうたのコンサート」企画・開催 with のどうたの会
2002年3月
 「馬頭琴とのどうたのコンサート」企画・開催 with のどうたの会
2003年3月
 「馬頭琴とのどうたのコンサート」企画・開催 with のどうたの会
2003年11月~12月
 「ゴビの馬頭琴弾きネルグイ」コンサート企画・主催 with のどうたの会
2004年4月~5月
 「ゴビの馬頭琴弾きネルグイ」コンサート企画・主催
例年、相模原市内イベント「ラウンジフェスティバル」および町田「ボランティア祭」に出展参加
他、小学校でのゲル建て実演、スライド上映など多数活動有り。
2005年1/29-30
 「モンゴルフェスティバル」名古屋にて、講演および出店
2005年6月
 「ゴビの馬頭琴弾きネルグイコンサート企画・主催
 西日本地域を中心に
2005年6月
 「ゴビの馬頭琴弾きネルグイコンサート企画・主催 with のどうたの会
 北海道ツアー
2005年8月5日~19日
 「旅の記憶」写真展(モンゴル国国立自然史博物館)
2006年2月13日~4月15日
 「ゴビの馬頭琴弾きネルグイコンサート企画・主催」
2006年4月28日~6月25日
 「西村幹也写真展 -モンゴルの森、草原、砂漠の暮らし-」

「遊牧の民の調べコンサート」の演奏会実績はこちらです。