理事長西村のモンゴル地域撮影旅行に同行を希望される方がいらっしゃるので…モンゴル滞在予定、および行動予定をお知らせします。

日時:2017年12月28日~2018年1月5日

【凍ったフブスグル湖上を走って冬のトナカイに乗りに行く】
をテーマに撮影旅行をすることにしました。

12月28日 ウランバートル集合
  29日 車でムルンへ出発(約12時間)(ホテル泊)
  30日 ムルンから北上、フブスグル湖上を通って(約60 
     キロ)、リンチンスンベ→ツァガーンノールと走り
     ナリーンウブルのナランの冬営地へ(約8時間)
     (丸太小屋泊)
  31日 トナカイに乗って(約2時間)、タイガの冬営地へ。
1月 1日 一日、滞在(丸太小屋泊)
1月 2日 夕方にナランの冬営地へ(移動約2時間)
1月 3日 ムルンへ移動(フブスグル湖上通過)(約8時間)
1月 4日 ウランバートルへ移動(ホテル泊)
1月 5日 帰国

という予定です。
凍ったフブスグル湖と冬のトナカイたちの撮影が目的の撮影旅行です。

12/29にウランバートルを出発しますので、その前夜までにウランバートルにきていてくだされば、OKです。

費用 15万円(5人の場合)
(これにはウランバートル滞在費用、日本-モンゴル間の飛行機代をふくみません。また、私の旅費および手配、ツアコン代を含めてあります。

最少催行人数 5人
(人数がこれに満たず、1人あたりの負担が大きくなってかまわないという場合は、催行します。
人数が6人以上になった場合、なんとか8人まで増やせれば、私の経費分を分担する人数が増えますので、費用は安くなります)

なお、いわゆるツアーというのとは違いますので…基本自己責任です。上げ膳据え膳のツアーの感覚で来られますと…困ります。
とはいえ、手配、通訳などはすべて私がやりますので心配には及びません。

ただし、日本-モンゴルの航空券はご自身で手配してください。
空港送迎は相談に応じます。また、宿泊先も相談に応じます。

お金は日本円のまま、ウランバートルに持ってきていただきます。

申込み期限は10月一杯とします。飛行機のキャンセルができないと困りますので…。

ちょうど大晦日、元旦をタイガでトナカイと一緒にという旅行になりますね。

参加希望者の方、お問合せは、西村までメッセージでどうぞ。
持ち物の相談も承りますが、私の手持ちにも限りがありますので、お早めに。

持ち物:

防寒着(朝晩冷え込む可能性があります。)
シュラフ(3シーズンものはダメです。寒いです。4シーズンものを準備してください。)
マット(銀マットでもエアマットでもOKです。)
帽子
懐中電灯などキャンプで必要になりそうなモノ。

不明な点は遠慮無く、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。かもしくは問合せフォームからおたずねください。