事業開始の背景

馬頭琴の紹介活動ということで、「遊牧の民の調べコンサート」を2008年からずっとやってまいりました。2017年春コンサートツアー終了時で全部数えるとなんと、714回にもなりました。
その過程で、子どもたちに馬頭琴で音を出させてあげたりということもちょろちょろとやってきましたが、いままでは、基本的に、“聴いてもらう”、”観てもらう”、”知ってもらう”でした。
しかし、これを、もっとおしすすめて、たくさんの人に触ってもらって、音を出してもらって、馬頭琴のおもしろさをもっと身近に感じてもらいながら、興味を持ってくださる方々をもっともっと増やそうと思うようになりました。
これからは、馬頭琴をさらに身近なモノにしてもらえるように、また、将来にすばらしい演奏者が生まれてくるようにと、より積極的な普及活動をしていきたいと思い、新事業を立ち上げることにしました。

「馬頭琴ひろば」は、馬頭琴を愛するものであることを合い言葉とし、究極の一致点として、一同に集まっていただくことを願っています。

2つに束ねられた馬の尻尾を、馬の尻尾でこすって音を出す、“馬頭琴”を親に持つ楽器が、それぞれの土地の状況、またそこでの歴史によって、変化しながら現代に息づいています。日本では、モンゴル国タイプ(外馬・北馬)、内(南)モンゴルタイプ(内馬・南馬)がそれぞれに様々な活動をしています。そのいずれもがすばらしいものであることはいうに及びません。
それぞれにこだわりや、思い入れがあっての、演奏活動、教育活動であって、それぞれの馬頭琴に対する愛情の深さを計り知ることはできません。そして、これからも様々な変化をしながら、発展していくことでしょう。

それら変化や差異があることが、馬頭琴文化の豊かさを現しているのだと私は思っています。モンゴル文化とは、その多様性と柔軟性をもってその特徴とすると私は常日頃より思っています。まさに馬頭琴文化とは、それそのものです。

是非、馬頭琴奏者のみなさん、学習者のみなさんにご協力をいただきたい次第です。

以下は、会の趣旨などになります。どうか、ご一読いただけると嬉しいです。

なお、イベントの内容は第一回ひろば(2017年3/19開催)のもので、今後、変わっていく可能性がありますこと、ご承知おきください。

---------------------------------------------------------
★イベント名 馬頭琴ひろば
いろいろな人が様々な目的をもちながら、行き交うことが出来、なにかと出会うことができる”ひろば”でありたい。

★活動の目的

大きく3つの目的をもって開催する。
1. 馬頭琴に直に触れる機会を広く提供し、馬頭琴ファンの裾野を広げる。
 →ワークショップの開催、ステージ演奏を聴く機会の提供
2. 演奏者さんたちの技術向上のための情報交換、交流の場を作る。
 →自由な演奏の発表およびコンテストの機会の創出。
3. 日本における馬頭琴関連活動(教室や販売、修理など)宣伝の場とする。
 →馬頭琴と関わり続けていくために必要と思われる諸情報を収集、提供する。むろんコンサート告知も積極的に。

★イベント内容

第一部:ワークショップ部門
 2時間くらいの時間をあてて、出来るだけたくさんの人に、出 来るだけ長い間馬頭琴で音出しをしてもらう。
 「ウーリンボル」、「トゥメンアグティントゥブルグーン」の伴奏(簡単なモノ)を練習してもらって、それぞれをみんなで最後に合奏するのを目指す。(参加者の人数などをみながら柔軟に実施)
 馬頭琴経験者がボランティアで手ほどきをする。

第二部:ステージ部門 [発表、コンテストの部]
 自由発表部門(一人10分)とコンテスト部門(一人5分)を行う。
 コンテスト部門のタイトルは、「私のおうま」とします。これは今後(第二回以降)も同じとして、常に馬をテーマにしたオリジナル曲とする。長さは5分程度までとし、レベルも問わない。受け狙いでもOK.「私の馬は~~な感じです。」とかと紹介してから、曲を披露する。

 一般参加者、ステージ部門参加者の全員で投票を行い、集計、表彰する。多くの人の支持をうけた人が優勝。特に技術を考慮しすぎること無く、あくまでも楽しいコンテストとしたい。

会場には物販コーナーや宣伝コーナー、また、スライド上映(流しっぱなし)で現地の様子や馬頭琴演奏者の紹介が随時行われる。

★参加について

ワークショップ参加者などの一般参加者は入場も体験も全て無料とする。

会場に募金箱を設置する。

★参加費は、会場費、イベント運営費(チラシやポスター印刷、他雑費)、記念品製作費、消耗品購入費(松ヤニや弦)に充当する。あまった場合はNPO法人しゃがぁのワークショップ用馬頭琴の購入費用として積み立てさせていただきたい。ワークショップによる馬頭琴普及活動に適宜利用させていただきますので、ご了承願います。

参加団体、教室、個人それぞれの宣伝、物販、勧誘などの活動はイベント全体の進行を妨げないことを条件(大きな音を立てないくらいの条件)で、自由とし、その収益はそれぞれのものとする。
----------------------------

 20170319

第一回馬頭琴ひろばは盛況の内に終了しました。終了報告はこちらをご覧ください。

なお、第二回馬頭琴ひろばは、2018年3月21日 大阪中崎町 Gallery & Cafe Tina Lente にて開催が決まっています!詳細は後日お知らせします。