通常、賛助会員(年間2000円)の方々へ郵送する会報しゃがぁですが、今回vol.58は、その内容の特殊性を鑑み、一般公開としました。

2020年秋から過激さを増し始めた、中国国内におけるモンゴル語教育廃止政策は、モンゴル人・モンゴル文化に対する虐殺行為です。

これに対して、多様な文化が併存することが世界に平和をもたらすと信じるNPO法人しゃがぁ理事長西村幹也は、この動きに対して異を唱え、かつ、具体的に抵抗活動をするべきと判断しました。

貧者の一灯にすぎない、小紙での掲載ではありますが、今回のしゃがぁvol.58を特別版とし、一般無料公開とします。

多くの人の目に触れることを願います。URLの貼り付け、プリントアウトしての配布、すべて自由です。

ダウンロードURLは https://qr.paps.jp/CxA1B

vol58


 モンゴル語を大切に思うすべての人々に幸おおからんことを心より願います!